30代の技術職の転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代の技術職の転職なら

30代の技術職の転職なら

30代の技術職の転職には、大きく2つのポイントがあります。ひとつはキャリアアップの視点、もうひとつは仕事そのものの将来性への視点です。技術職は専門的な知識が求められるために転職しやすく、安定した就業環境を得られやすいイメージが根強くありますが、実際にはビジネスモデルやニーズの多様化、日進月歩の技術革新といった現代ビジネスシーンならではの事情から不安定な就業環境に晒されるケースも多いのです。たとえばIT関連の技術職はとくに技術の進歩とニーズの変化が目覚しく、40代、50代まで働き続けるのが難しい面があります。そうした場合、仕事そのものの将来性を踏まえたうえで別の職種や業種への転職も視野に入れる必要があります。30代の技術職はこうした面を踏まえて転職活動を行っていくことになります。

30代の技術職の転職で注意したいのは、35歳がボーダーラインになること。とくに異業種からの転職を目指す場合、35歳を過ぎてしまうと求人の選択肢が一気に少なくなります。優れた技術力を持っていれば年齢は関係ないイメージもありますが、必ずしもそうとはいえない面もあるのです。先に挙げた技術の進歩やニーズの変化・多様化に対応するためにもできるだけ若く、伸び代がある人材を求める企業が多くなっているのです。

また、30代の技術職では実際技術開発に携わるだけでなく、プロジェクトやチームを束ねる立場を目指しての転職も1つの選択肢です。30代後半の場合はこのタイプの求人をメインに活用していくことになるでしょう。技術職としての専門的な知識だけでなく、マネジメント能力、さらにはクライアントと連携してブロジェクトに関わる企業との交渉や意思疎通ができるコミュニケーション能力も問われます。自分がどんな仕事をしているのか、それによってどんな製品やサービスが生み出されるのか、第三者に対して客観的かつ詳細に説明できる能力を問う企業も多いようです。

こうした事情から、30代の技術職の転職なら転職エージェントを活用するのがお勧めです。客観的な視点からアドバイスをしてくれる人がいた方が自己アピールをうまく行っていくことができるからです。また、転職エージェントでは非公開求人を数多く取り扱っているため、30代の技術職の求人、また先に挙げたプロジェクトリーダーなどの好条件の求人も見つけやすくなっています。

このように、30代の技術職の転職ならただスキルをアピールするだけでなく、ビジネスマンとしての総合力を売り込むことが大事です。全般的に技術職の人は自己アピールが上手でないケースが多いだけに、転職エージェントのサポートをうまく活用しましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.