30代の販売員の転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代の販売員の転職なら

30代の販売員の転職なら

30代の販売員の転職なら収入だけでなく、就業環境や家庭環境も考慮に入れたうえで求人情報をチェックしていく必要があります。また、販売員といえば20代を中心に若い従業員が担当するイメージも強いだけに、将来的な昇給や昇進など、キャリア形成も視野に入れた職場探しを行っていくことができます。

販売員の仕事は他の職種とは異なるさまざまな特徴があります。まず最大の特徴が休日に休みを取るのが難しいこと。小売業を中心とした仕事のため、休日こそ大切なかきいれ時となります。週末はもちろん、ゴールデンウィークやクリスマスシーズン、年末年始などシーズンも重要な商戦期となるため休みがとれてもせいぜい1〜2日程度でしょう。若い頃はそれでも問題なく、かえって平日に休みが取れていいと考えることも多いのですが、30代にもなると家庭を持つなど、休日に休みを取れないことで他の人とのつながりを保つのが難しくなってきます。この点は業種によっても異なってきますし、ひとりひとりの生活環境・家族環境によってもメリット、デメリットに差がでてきますから、慎重に判断して探していくようにしましょう。

もうひとつ注意したいのが転勤が多いこと。規模の大きな企業に勤めていればいるほど転勤の機会が多くなります。これは販売員に避けられないポイントですが、30代になるとこれが仕事を続けていく上で大きなネックになってしまうことも少なくありません。

この2つのポイントを踏まえたうえで、30代の販売員の転職を行っていく必要があるわけです。気をつけたいのは企業の詳細な情報です。求人情報だけでは入手できない、具体的な就業環境や休日の取得状況などをあらかじめ確認しておく必要があります。こうした際に役立つのが転職エージェントです。キャリアアドバイザーが求人掲載元の企業に直接出向いて内部事情を調べることで、具体的な内情を教えてもらうことができます。実際にどの程度休日に休みを取ることができるのか、転勤が多いのかといった情報を確認しておきましょう。

また、販売員は他の職種に比べて若い段階で管理職に付ける点もメリットとして挙げられます。20代後半以降を対象とした管理職の求人もあります。こうした高待遇の求人をどれだけ見つけることができるか。この点でも転職エージェントが役立ちます。とくに非公開求人は有名企業からの求人や管理職の欠員の補充といった求人が多いため狙い目です。このように、30代の販売員の転職ならデメリットをできるだけ少なく、将来のキャリア形成が見込める職場を探していくことが大事。転職エージェントをうまく活用していきましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.