30代の営業職の転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代の営業職の転職なら

30代の営業職の転職なら

30代の営業職の転職は、ひとりひとりが置かれた立場によってシチュエーションがかなり違ってきます。よく言えば「営業としての実績を着実に積み重ねてきた」年代といえますが、一方では「営業しかない」面もあります。異なる職種への転職はもちろんのこと、同じ営業畑への転職でもこれまでのキャリアをどれだけ評価してもらえるかが重要なポイントとなってきます。

30代になると、このまま営業で働き続けることに不安を感じるケースも出てきます。体力的に厳しさを感じるようになる年代ですし、昇給、昇進の面でも「このまま営業で続けても…」と不安に感じる機会も多くなります。30代の営業職の転職なら、他の職種への転職も視野に入れておくことも大事です。

ビジネスの多様化が進むにつれて、営業職の役割や求められる人物像にも変化が生じています。「モノを売る」営業力はもちろんのこと、コミュニケーション能力、それも一対一だけでなく、広く人間関係の中で人と人の間をつなぐ能力が求められています。さまざまな部署やフリーランス、あるいは他の企業と連携して進行していくプロジェクトが増えているなか、営業職には実際にモノを買ってくれる顧客だけでなく、他の企業やスタッフに対する営業・説明の能力が求められているのです。

また、モノが溢れかえっている時代、各商品の個別化が難しくなっているため、営業にも工夫が求められるようになっています。自社の製品の長所だけをひたすら売り込むのではなく、他社との比較や市場での存在意義など、より広い視野に立ったセールスが求められています。30代の営業職の転職では視野を広く取り、柔軟な姿勢で多くの人とコミュニケーションをとることができる能力が問われるでしょう。

異職種への転職を目指す人には、企画・マーケティング部門がお勧めです。多くの製品を扱い、その長所・短所と接してきた経験を活かすことができるからです。その際には営業で身に着けてきた知識・キャリアをいかに転職活動の際にアピール材料として役立てられるかがポイントです。

こうした事情から、30代の営業職の転職なら転職エージェントの活用がお勧めです。自分の適性、やりたい仕事にあった求人を膨大な求人の中から探すことができます。またキャリアアドバイザーによる求人紹介はもちろん、面接対策、職務経歴書の作成などのサポートも受けられます。30代の営業職の転職は、その後のビジネスマンとして環境やキャリアを決定付ける面があるだけに、万全の環境で臨みたいところ。そのためにも転職エージェントは力強い味方となってくれるはずです。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.