30代の事務職の転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代の事務職の転職なら

30代の事務職の転職なら

事務職は30代でも転職のチャンスに恵まれている職種といわれます。とくに女性にとって理想的な転職の選択肢とのイメージもあります。年齢を問わず募集している企業が多いこと、どの企業でも必ず必要としていること、さらに転勤の可能性が少ないことなどがその理由として挙げられます。厳しいノルマがないため、営業職からの転職を希望する人も多いようです。では、実際のところ30代の事務職の転職事情はどうなっているのでしょうか。

じつは事務職の転職はそれほど恵まれているとはいえない面もあります。求人は確かに多いのですが、その多くがアルバイトや派遣・契約社員でのもの。正社員としての中途採用は非常に少ないのです。しかも希望者が多いため、求人には応募が殺到して採用が狭き門になってしまいます。ですから、30代の事務職の転職ならチャンスを活かすためのアピールが求められます。

経験者の方が優遇されるのは言うまでもありませんが、これまでどういったキャリアを積んできたのか、どんなスキルを身につけているのかを明確にアピールできるかどうかが重要です。事務職はこうしたアピールが難しいため、自分なりのアピールポイントを用意しておきましょう。とくに資格が必要な職種ではありませんが、簿記やTOEICなど、業務に直接かかわりない資格でもアピールできるものがあるのでうまく活用していきましょう。

未経験の場合は、新たな職場で自分がどれだけ役立つことができるか、実際にどのような形で役立ちたいのか、何がやりたいのかを採用担当者に明確に説明できることが大前提です。その会社に応募した目的も含めて自分の言葉でしっかりと説明することが絶対条件。事務職の一般的なイメージの説明に留まらず、相手に意欲と適性を感じてもらえる説明が必要です。どうしても事務職への転職は「ノルマが少ない、残業が少ない、安定している」といった消極的な理由が多いため、この点で躓いてしまう人も多いのです。

このように、30代の事務職の転職なら自分がその会社に適した人材だとアピールする努力が必要です。雇う側にとっても雇われる側にとってもメリットになることを相手に伝えるわけです。こうした点はアピールのためのコツやノウハウが重要になってきますから、自分ひとりで行っていくよりも専門家のアドバイスを受けた方がうまくやれます。転職エージェントでは、キャリアアドバイザーによる面接対策や履歴書・職務経歴書の作成のサポートも行っています。求人探しとともに活用していくことで、30代の事務職への転職に役立てることができるはずです。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.