30代のドライバーの転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代のドライバーの転職なら

30代のドライバーの転職なら

30代でドライバーに転職する人も見られます。サラリーマンから転職するケースもありますし、自営業やフリーターの人が安定した就業環境を求めて転職を目指すケースも少なくありません。20代よりもむしろ30代の方が転職しやすい業種ともいえます。

30代のドライバーの転職ならまず、どんな車を扱うどんな職種を目指すかがポイントとなります。トラックのドライバーとタクシーのドライバーでは求められる仕事内容はもちろん、必要な資格も異なってきます。宅配ドライバーの場合は車の運転以外の業務やスキルが求められます。資格でいえば、大型トラックのドライバーなら大型自動車免許が最低限必要ですし、タクシーの運転手なら普通第二種免許が不可欠です。宅配ドライバーは、普通自動車免許だけでなることができます。

こうした資格をすでに所有していることを前提に、30代のドライバーへの転職を目指す場合には、求人情報をどれだけ幅広いルートから入手できるかが重要なポイントとなるでしょう。一般的な情報収集先となるインターネット以外にもさまざまな選択肢があります。地元の新聞の折込チラシなどでもよく見かけますし、タクシー会社や運送会社に張り紙が掲載されている場合もあります。中小規模の企業の場合、求人サイトには募集を掲載していないケースも少なくありませんし、規模の大きな企業では公式サイトで募集に関する情報を詳細に掲載しているケースも見られます。

また、ドライバーの仕事は通年募集していることが多く、特定の時期に集中的に募集を行うといったことはほとんどありません。その意味では「転職をしたいと思ったときがチャンス」ともいえます。働きながら転職活動を行っていくこともできるでしょう。運送業者やタクシー会社の中には、24時間問い合わせを行っているところも多いため、時間の制約を受けずに転職活動を行っていきやすい点も魅力です。

ただ、転職を目指す場合には就業環境を詳しく把握しておきましょう。シフトや夜勤はどうなっているのか。宅配ドライバーは、かなり厳しい就業環境で働くことを余儀なくされるケースも見られます。こうした点は求人情報だけでは充分に確保できないことも多いため、自分で会社に赴いて環境を確認したり、転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーのアドバイスを受けるなどの情報収集手段を活用しましょう。求人探しの点では、転職エージェントはあまり必要ないように思えますが、こうした点で役立つのです。30代の場合は家庭を持っている人も多く、就業環境と収入のバランスが大事なだけに求人先の情報収集はしっかりと行ったうえで転職先を探していきましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.