30代のデザイナーの転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代のデザイナーの転職なら

30代のデザイナーの転職なら

デザイナーにとって30代は、人生の境界線ともなる時期です。若い頃からの実績が評価されるようになる時期でもあり、大事な仕事を任せられはじめる時期でもあります。一方ではこれからデザイナーを目指す人も多い年代です。ただ、どんな状況にしろ、30代のうちにデザイナーとしての足がかりを掴むことができるかが、この仕事を一生の生業にできるかどうかの鍵を握ります。

30代のデザイナーの転職では、活躍の場を求めての転職が挙げられます。これまで地道な下積みの仕事を続けていた環境から、より大きな仕事、あるいは自分の名前が大きく取り上げられるような仕事への転職を目指すケースが多いのです。より規模の大きなデザイン会社に就職するのが一番の近道でしょう。また公募に作品を応募してチャンスを獲得する方法もあります。こうしたケースでは、これまでの自分の実績をどれだけアピールできるかがポイントです。当然これまで担当してきた分野と同じ分野の職場への転職が大前提となります。

一方、新しいスキルを身につけたい、デザイナーとしてもう一皮剥けたい、との向上心から、30代で転職を目指すケースも見られます。この場合には有名デザイナーに弟子入りする選択肢があります。内弟子の形で師匠の仕事を手伝い、実際に経験を積みながらスキルやセンスを磨いていく方法です。これまでの経験で培ったものを活かしつつ、新たな知識を吸収していける点が魅力です。また、有名デザイナーの仕事を通して、業界に幅広く人脈を形成していける点も今後のキャリアを考えると大きなメリットでしょう。ただ修行中は安い給料で耐える必要があるだけに、経済状況や家庭環境なども踏まえたうえで判断する必要があります。

30代のデザイナーの転職ならもうひとつ、独立してフリーで活躍する方法もあります。難しい選択肢ではありますが、幅広い方面から仕事を獲得し、キャリアを重ねていける魅力的な方法です。自分の本当にやりたいことをやれる機会も得られるでしょう。独立する場合はこれまでの人脈、コネをどれだけ活かせるかが重要なポイントです。仕事を獲得するうえで、こうしたつながりが大きな意味を持つからです。資金面はもちろんのこと、フリーとしての評価を獲得するまでどれだけ仕事を安定して獲得していくことができるか、独立する前からある程度目安をつけておく必要があります。

特殊な業界のため、転職エージェントなどのサービスを役立てられないのも30代のデザイナーの転職を難しくしている理由です。自分の能力への自信と客観的な評価の両方を踏まえつつ、より自分が高く評価され、能力を活かせる環境を探していきましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.