30代の料理人の転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代の料理人の転職なら

30代の料理人の転職なら

30代の料理人の転職ではまず大きく2つのケースに分かれます。すでに料理人としての実績を重ねてきた人が職場を変えるケース、またサラリーマンなどまったく別の業種から料理人を目指して転職するケースです。脱サラしてカフェや料理屋を開業する話をよく聞きますが、その場合、年齢はだいたい30代〜40代です。料理人として実績を重ねてきた人が30代で転職を目指す場合には、独立開業という選択肢も加わります。それだけに30代の料理人の転職はひとりひとりの事情に合わせて、適切な準備や対策を行っていく必要があるのです。

まず、すでに料理人としてキャリアを積んでいる人が職場を変えるケースを見てみましょう。この場合は、通常のサラリーマンの転職活動の延長戦上で行っていくことができます。つまり、求人サイトや転職エージェントで求人情報をチェックし、よい職場を探していくことができるのです。キャリアアドバイザーのサポートをうまく利用すれば、よい求人を紹介してもらったり、職場の内部情報や面接対策のアドバイスなども受けられるでしょう。料理人一筋でやってきた人は、こうした転職活動のノウハウが身についていないケースも多いだけにうまく活用したいところ。

また、30代で職場を変える場合には新しい職場での地位も重視すると良いでしょう。チェーン展開を行っているレストランでは、店長・調理長の募集を行っている場合もあります。こうした求人では30代がもっとも歓迎させているので狙い目です。収入や昇給、運営面のスキルが求められるかどうかなど、詳しい内容を見たうえで判断しましょう。注意したいのは外食産業によく見られる過酷な勤務。店長とは名ばかりで、連日残業続きで厳しい環境を強いられることも多いため、職場の実態なども見ておきましょう。

独立開業による転職では個人経営の店舗をはじめるのか、チェーン店に参加するのか、の選択肢も重要であり、どちらもメリット、デメリットがあります。前者は自分の本当にやりたいことを、自分なりのセンスを活かした店舗で行うことができる一方、経営面の難しさがあります。また、チェーン店では経営面のさまざまなノウハウやブランドイメージを活用できる一方、自分の能力を活かしにくい面があります。この点は能力面だけでなく性格面の向き・不向きが出てくるだけに慎重に判断していきたいですね。経営の専門家に相談しながら決めていくのもひとつの手でしょう。

料理人にとって30代は飛躍の時期であるとともに、その後のキャリアを決定づけかねない大きな転機ともなります。30代の料理人の転職なら、この点の覚悟を持ちながら行っていくことが求められます。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.