30代の大工の転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代の大工の転職なら

30代の大工の転職なら

30代で大工に転職を目指すのは、よほどの事情があってのことでしょう。企業で働くサラリーマンがキャリアアップの目的で転職を目指す仕事ではありませんし、専門的な知識や技術が求められるため、スムーズに転職を目指すことができる仕事でもありません。どのような事情や理由があれ、30代で大工の転職を目指すのは決して簡単な道のりではありません。

30代の大工の転職なら、まず大工になるための方法やルートを確認する必要があります。方法には大きく3つのルートがあります。1つ目が大工の弟子入りをする方法。師匠のもとで経験を積みながら地道に学んでいく方法です。それから建築系の大学や専門学校で学んだうえで大工の求人から就職する方法、そして技能士の国家資格を取得する方法です。なお、建築系の学校で悩んだり、国家資格を取得する場合でも大工のもとに弟子入りして経験を積むケースも見られます。どのルートにしろ、求人情報を探して採用されればすぐに大工に転職できるというわけではありません。

ですから、30代で大工への転職を目指す場合には、自分の年齢や時間の余裕を考慮しておく必要があります。まったく未経験から一人前の大工になるまでにはどう頑張っても数年はかかります。10代、20代ならともかく、30代の数年は決して短い時間ではありませんし、将来のキャリアに大きな影響を及ぼします。やっぱり無理だ、となってサラリーマンに戻るというわけにはいかないのです。また経済的な事情もあります。師匠のもとで内弟子として経験をつんでいく間は、収入もかなり低い水準で我慢しなければなりません。自分よりも一回り若い世代と一緒に仕事をしたり、「先輩」として教えを請うケースも出てくるでしょう。そうした環境に耐えられるかどうかもポイントです。

実際のところ、30代の大工の転職には相当の覚悟が必要です。サラリーマンとしての経験やスキルをすべて投げ打ってまったく新しい人生に飛び込むくらいの心づもりが求められるでしょう。自分には向いているかもしれない、あるいはサラリーマン生活に疲れたから別の職種で働いてみたい、といった安易な気持ちでは一人前になるまえに挫折してしまう可能性が高いです。まず数年間は修行に費やす。そのうえで師匠のもとで一人前の大工として活躍の場を見出すか、あるいは大工の求人情報を探して本格的な就職活動を行っていく。これが30代の大工への転職の基本パターンです。なかなか情報収集が難しい分野だけに、本気で考えている人は知識を身につけた上で最終的な転職の判断を行うようにしましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.