30代の経理職の転職なら

30代転職TOP >> 希望職種別の転職事情 >> 30代の経理職の転職なら

30代の経理職の転職なら

どの企業でも経理職は不可欠な職種です。それだけに経理職のスキルや経験を持っている人はどの業種でも役立てることができます。そのため他の職種に比べると転職に有利なのではないかとのイメージもあります。しかし、一方では経理職は、ひとつの会社で長く働くケースが多いため、募集が少ない面もあります。ノルマもなく、残業も少なく、安定した環境で働くことができるために転職の必要性が少ない職種でもありますし、企業の側でも同じ担当者が継続して経理を担当した方がトラブルが少なく、効率よく業務を行っていけるメリットがあります。そのため30代の経理職の転職はなかなか難しいのです。

30代の経理職の転職なら、アピールできる要素をできるだけ用意しておきたいところ。日商簿記2級以上の資格は大前提ですが、他にも税制関連の知識や語学力なども重視されます。外資系企業や国際的に事業展開を行っている企業では、この2つの能力がとくに必要だからです。また、近年ではより高度な知識を求める企業も増えており、税理士や公認会計士といった資格の保有者が優遇されてます。これらの資格は難易度が高すぎる面もありますが、語学力はTOEICの点数などでアピールしていくことが充分可能でしょう。

それから実務経験も挙げられます。経理は経験がものを言う仕事です。しかし、ただ勤続年数だけをアピールするのではなく、どのようなことをやってきたのか、どんな役割を任されてきたのかも30代の経理職の転職では求められます。アピールに役立つ経験としては、決算業務や管理会計などが挙げられます。また、経験がものを言う以上、人材を時間をかけて育てていく必要もあります。30代になると指導的な役割も求められますから、部下の指導経験があるかどうかも企業がチェックするポイントとなります。この点は採用後のポストとも関わってくるので重要です。

こうした30代の経理職の転職なら、転職エージェントをうまく活用するのが成功への近道です。これまで培ってきたキャリアを活かせる求人を探したり、高待遇の求人を非公開求人で見つけることもできますし、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら、面接や職務経歴書で効果的なアピール方法を身につけていくこともできるでしょう。経済のグローバル化によって経理の役割が多様化している時代だからこそ、本当に自分に適した職場を見つける必要があります。経理職は転職の回数が多くなると不利になる面が強いため、30代の経理職の転職は、最後の機会のつもりで臨んでいくべきです。その心構えでやるべきことはやり、利用できるものはすべて利用していきましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.