ベンチャー企業へ転職するなら

30代転職TOP >> 希望条件別の転職事情 >> ベンチャー企業へ転職するなら

ベンチャー企業へ転職するなら

30代で転職を目指す人にとって、ベンチャー企業は大きな可能性を魅力を秘めた業種です。即戦力を重視する業種だけに30代での中途採用を積極的に行っているところが多く、転職のチャンスにも恵まれているのです。しかし一方、理想と現実のギャップに悩まされることも多いため、求人探しでは充分な情報収集と慎重な判断が求められます。

ベンチャー企業のポイントはやはり成果主義を重視している点。即戦力を重視するのもそのためです。大企業に比べて自分の役割が明確化しており、自分の仕事がどのような形で会社に貢献しているのか、業績アップに役立っているのかを日々の仕事の中で確認できる環境が特徴です。それがモチベーションの維持やフィードバックによる成長を促すなど、ビジネスマンとしてのキャリアアップに役立ちます。ただ、一方では社内での厳しい競争やノルマ設定に追われる環境に陥りやすく、毎日残業続き、あるいは結果を思うように残せずいつまで経っても昇給できないといった問題に直面することもあります。

そのため、30代でベンチャー企業へ転職するなら仕事の内容や賃金だけでなく、自分がどんな環境で働くことを望んでいるのかをきちんと把握しておく必要があります。いくら能力がある人でも過剰な競争やノルマに晒されるとかえって力を発揮できないケースもあります。性格的にベンチャー企業の環境に適さない人も多いのです。30代から飛躍できるチャンスに恵まれた職場なのは事実ですが、そのチャンスを活かせるかどうかは自分の能力次第、というわけでは必ずしもいえない面があるのです。

また、30代ともなると仕事に安定を求める傾向も出てきます。10年後、20年後に自分がどんなキャリアを重ね、どんな職場・ポストで働いているのか。ベンチャー企業の中には平均勤続年数が極端な低いところや、昇進の余地がほとんどないところもあります。また、IT関連など業界そのものが新しく、技術の進歩が日進月歩の業種では40代、50代になると仕事の内容に対応できなくなってしまう面もあります。30代の転職ではできるだけ次の職場で骨を埋められるような形にしたいもの。やりがいと安定のバランスを踏まえた上で探していきましょう。家庭を持っている人は家庭生活との両立も見ておきたいところ。

こうしたポイントを踏まえつつ、ベンチャー企業へ転職するなら求人先の詳細な情報誌収集が不可欠。転職エージェントのキャリアアドバイザーのサポートをぜひ利用しましょう。また、中小規模のベンチャー企業では転職エージェントの非公開求人でのみ求人を出すことも多いのでせびともうまく利用していきたいところです。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.