派遣社員から正社員として転職するなら

30代転職TOP >> 希望条件別の転職事情 >> 派遣社員から正社員として転職するなら

派遣社員から正社員として転職するなら

30代で派遣社員から正社員として転職するなら、よほどの覚悟で準備が必要です。ただでさえ非正規社員の割合が増加しており、企業は非正規で済む仕事はできるだけ派遣社員、契約社員で済ませる傾向が高まっています。また、30代まで派遣社員を続けてきた人は正社員が担うような重要な仕事の経験がないと判断されてしまうことも多く、即戦力が求められる30代の転職市場において大きな不利となります。

では派遣社員から正社員として転職するならどのような方法があるのでしょうか。具体的な方法としては紹介予定派遣という選択肢があります。あらかじめ正規雇用を念頭に入れたうえで派遣としての雇用契約を結ぶのです。契約期間が過ぎた後に両者の意見が一致した場合に正社員として改めて契約が結ばれます。派遣から正社員への転職ではこれが一番の近道でしょう。派遣会社で仕事を探す場合にはこの形での派遣を意識して探していくとよいでしょう。

紹介予定派遣は数も少なく、なかなか思うとおりに見つけられない場合には、派遣として働いている間にできるだけ専門的なスキルを身に付けるよう心がけましょう。派遣社員は単純な作業が多く、なかなか専門的な仕事を任されることはありませんが、その代わりに資格を取得して補うのです。派遣社員は時間の都合に合わせて働いていける点が大きなメリットですから、仕事と勉強を両立した生活を心がけましょう。派遣としての実績と資格による知識・スキルの裏づけの両方を武器に正社員への転職を目指すのです。

こうした正社員としてアピールできる自分磨きに加え、30代の採用を積極的に行っている求人情報をうまく入手することも重要です。とくに狙い目なのが欠員の補充。急な欠員が生じて補充が必要になった場合に30代以降の正規雇用を行うケースがよく見られます。ただ、こうした求人の大半は募集期間が少ないほか、非公開求人の形で掲載されることが多いため、チャンスを逃さずに情報をチェックして応募できるかが鍵となります。非公開求人を扱っている転職エージェントの利用が不可欠となるでしょう。

リクルートエージェントやマイナビエージェント、typeといった転職エージェントでは取り扱っている求人の80〜90パーセントが非公開求人です。ほかでは見つけることができないよい求人を見つけることができますし、あらかじめキャリアアドバイザーに希望や条件を伝えておけば、希望に合った求人を教えてもらうこともできます。これなら最新の求人も逃さず知ることができるため、すぐに締め切られてしまうような求人にも忘れずに応募ができます。こうしたサービスをうまく活用していきましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.