中小企業へ転職するなら

30代転職TOP >> 希望条件別の転職事情 >> 中小企業へ転職するなら

中小企業へ転職するなら

中小企業へ「あえて」転職を目指す人も増えています。就職・転職活動といえばどうしても大企業志向が強く、中小企業から転職を目指す人は多くても、中小企業へ転職を目指す人は少ないイメージがありました。しかし価値観の変化やビジネスマンを取り巻く環境の変化から中小企業の魅力が注目されるようになっているのです。

そのため、中小企業へ転職するならまず、自分が何を求めているのかを明確にしておく必要があります。場合によっては転職によって年収がダウンする可能性もありますし、昇進の余地が少なくなってしまうこともあります。そもそも中小企業への転職を目指す人の多くは、収入以外の魅力を求めています。30代の場合はとくにそうでしょう。これまでのキャリアを捨ててでも、より自分らしく働ける場所、ゆとりを持って働ける場所、家庭生活との両立ができる環境などを中小企業に求めるケースが多く見られます。自分は何を求めているのか、中小企業への転職によって失うものがある場合にはそれを補うほどの魅力なのかどうかをよく確認しておきましょう。

年収とは別の次元で待遇や就業環境をしっかりと確認しておくことが大事です。自分にあった職場、自分の能力を活かせる職場を求めるためには納得のいく待遇が求められるからです。収入は企業がその人をどれだけ評価しているかを図る目安ですから、働くモチベーションを維持する上でも重要なポイント、理想だけに走らず現実もしっかり見据えた上で見ていきましょう。

もうひとつはUターンやIターンなど、職だけでなく生活環境そのものを根本から変える選択肢もあります。都市圏の企業の厳しいノルマや希薄な人間関係に疲れた人が、故郷や新天地で自分らしさを取り戻すというケースもよく見られます。この点に関しては、独身か家庭を持っているかで選択肢や実現性が大きく異なってくるため、30代の転職では難しい判断が求められますが、社会人としての生活そのものに行き詰まりを感じていた人にとっては良い選択肢となるでしょう。

中小企業への転職のポイントは、数多くの選択肢の中からもっとも自分にあった企業を選ぶこと。特定の業種への転職を希望する場合、大企業の場合はどうしても選択肢が限られてきますが、中小企業の場合は幅広い選択肢の中から選ぶことができます。同じ業種でも特定の分野や技術力に強みがあるところや、大企業の傘下で経営が行われているところから完全に独立して経営が行われているところなど、タイプによって企業体質も異なってきます。転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーとよく相談しながら各企業の詳しい情報を入手・吟味していきましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.