既婚30代が転職するなら

30代転職TOP >> 希望条件別の転職事情 >> 既婚30代が転職するなら

既婚30代が転職するなら

既婚30代の転職は独身の転職に比べてさまざまな「縛り」が出てきます。当然家庭があるわけですから、家族全員が納得する形で、家庭生活と両立できる環境への転職が大前提となります。その一方、経済的な負担が増えてくることを見越した収入面への配慮も必要です。「やりがいのある仕事探し」「自分の転職を探す」といった理想を重視した転職活動は非常に難しいといえるでしょう。

そのため、既婚30代が転職するなら将来を見据えた求人探しを行っていくことが絶対条件です。収入の面はもちろんのこと、10年後も同じ企業で働き続けることができるかもポイントになります。先行き不透明な経済状況ですから、企業の経営状況もしっかりと確認しておきましょう。いくら待遇がよくても経営が厳しいところは避けた方が無難です。また、40代、50代になっても働き続けられる職場かどうかが重要です。たとえばIT業界をはじめとしたベンチャー企業は技術革新やニーズの変化・多様化が著しいため、40代、50代になると適応できなくなってしまうケースも見られます。自分のスキルがそうした時代の変化に適応できるのかどうかも見極めておきたいですね。また介護業界のように夜勤などの就業環境や体力的な面で続けられなくなってしまう業種もあります。既婚30代が転職するなら次の職場で定年まで勤める、くらいの気持ちで臨む必要があるのです。

それから転勤や異動の可能性も見ておくべきでしょう。規模の大きな企業であればあるほどこうした可能性が高くなります。昇進、昇給とも関わってくる重要なポイントですが、一方で単身赴任など家庭生活に影響を及ぼすことになります。転職をする時点での家庭環境、とくに子どもの年齢を踏まえたうえで転勤・異動に対応できるのかどうかを判断しておきましょう。

企業の経営状況や将来性、転勤・異動の可能性といった面は求人情報だけではなかなか見ることができませんし、ネット上からも情報収集が難しいものです。そのため転職エージェントの活用が求められます。転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが直接企業に赴いて入手した詳しい内情に関する情報を提供してもらえます。また、一般には公開されない非公開求人も多く取り扱っており、これまでのキャリアを活かしつつ、よりよい待遇の職場からの求人を見つけやすい環境が得られます。冒頭に挙げたように、既婚30代が転職するなら理想よりも現実を重視すべきですから、これまで得てきたキャリア、スキルを最大限に活かせる求人を探すためにも非公開求人とキャリアアドバイザーによる求人情報の提供が大きな意味を持つでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.