大企業へ転職するなら

30代転職TOP >> 希望条件別の転職事情 >> 大企業へ転職するなら

大企業へ転職するなら

30代から大企業への転職を目指す場合、これまでどのようなキャリアを積んできたか、スキルを身につけてきたかによってチャンスが大きく異なってきます。技術職に代表されるように専門的なスキルを身につけていた方が高くなるのは当然ですが、今後大企業においてニーズが高まることが予想されるスキルを身につけているかどうかも重要なポイントとなります。

また、これまでどのようなタイプの企業で勤めていたかも大企業への転職への有利・不利を決める重要なポイントです。やはり中小企業よりもベンチャー企業の方が有利になります。ベンチャー企業で働くビジネスマンの場合、30代後半頃からより安定した就業環境や着実なキャリア形成を求めて大企業へ転職するケースも多く見られます。

では、大企業へ転職するならどのようなアピールが必要なのでしょうか。まずコミュニケーション能力と適応力があります。規模の大きな企業であればあるほど従業員の数や部署も多くなり、多くの人と関わりながら働いていく必要があります。異なる部署同士がチームを組んで、大きなプロジェクトを進めていく機会も少なくありません。培ってきたキャリアはもちろん大事ですが、自分のやり方に固執する人材よりも柔軟な発想と姿勢で適応できる人材の方が求められます。これを転職活動でアピールする際には、これまでどれだけ多くのプロジェクトに関わってきたか、さまざまな職種を担当してきたかといった幅広い実績を強調するとよいでしょう。

冒頭で触れた今後大企業でニーズが高まることが予想されるスキルとしては、web関連のほか、企画力やプロデュース能力が挙げられます。アウトソーシングが進められていくなかで多くの人が関わるプロジェクトを企画し、推進する能力を備えた人材が求められているのです。この能力は規模が大きな企業であればあるほど重要視されるため、中小企業であってもプロジェクトリーダーなどの実績がある場合は有利になります。

もうひとつ、自分のスキルやキャリアでもチャンスが得られる求人情報を見つけることができるかどうかも重要です。大企業の求人は非公開で限定された形で募集が行われることが多いため、転職エージェントの利用が不可欠となるでしょう。リクルートエージェントやマイナビエージェントなど実績のあるエージェントなら大企業への転職実績も豊富ですから、求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーによる大企業への転職のノウハウも教えてもらうことができるでしょう。良い意味で自分を高く売るよう努め、限られたチャンスを逃さないよう心がけましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.