未経験の職種に転職するなら

30代転職TOP >> 希望条件別の転職事情 >> 未経験の職種に転職するなら

未経験の職種に転職するなら

30代の転職ともなると一定のキャリアやスキルが求められます。若さと積極性だけを武器にするわけにはいかず、即戦力としてどれだけ役立つことができるかを求人先にアピールすることが必要です。それだけに未経験の職種への転職は困難が伴うことを覚悟しなければなりません。

また、30代でも前半と後半では未経験の職種への転職の困難度が大きく異なる傾向があります。30代前半まではまだ積極的な採用を行う企業も見られますが、後半になってしまうと一気に少なくなってしまうのです。そのため、新しい職種で自分の可能性を試したいと思っている人は30代前半のうちに転職を行っておきましょう。

では、未経験の職種に転職するならどのような対策や準備が求められるのでしょうか。基本となるポイントは2つ。1つ目は「未経験からでも必要なスキルを身につけやすい職種を選ぶ」こと。それほど特殊なスキルを求められない仕事だけでなく、まだ職種そのものが新しく、これから人材を育てていく必要がある職種も候補となります。後者ではIT方面の営業や企画分野に多く見られるほか、業種を問わず企画方面も未経験での採用を積極的に行っています。また、企業側が採用後の人材育成に積極的な職種を選ぶのもポイントでしょう。この点では介護業界が代表格として挙げられます。

もうひとつのポイントは「これまで培ってきたスキルを活かせる職種を選ぶこと」。30代で未経験の職種に転職するならこの点は不可欠といってもよいでしょう。まったくゼロからのスタートではなく、これまでの職場で身につけてきたスキルが活かせる職場を選ぶわけです。たとえば営業畑で働いてきた人ならコミュニケーション能力や人脈が役立つでしょう、未経験の職種へチャレンジする場合でも、できるだけそれまでの職種と共通点があるものを探していきましょう。この点はこれまでどのような職場でスキルを積んできたのかによって有利・不利が出てきます。幅広い分野でスキルを積んできた人の方が有利になるのはいうまでもありません。

こうしたポイントを踏まえたうえで、未経験を歓迎する求人情報を探していく必要があるのですが、その際には転職エージェントをうまく活用しましょう。とくにキャリアアドバイザーによるサポートが非常に役に立ちます。未経験でも適応しやすい職種や業界に関するアドバイスをもらえますし、未経験歓迎の求人の紹介も行ってくれます。どうしても未経験の職種への転職では負い目を感じてしまうだけに、こうしたサポートが役立つのです。また面接対策や履歴書の作成のサポートも行ってくれるため、未経験でもアピールできる転職活動ができます。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.