フリーターから正社員として転職するなら

30代転職TOP >> 希望条件別の転職事情 >> フリーターから正社員として転職するなら

フリーターから正社員として転職するなら

フリーターとして働いている人にとって最大の目的は、正社員として採用されることでしょう。とくに30代でフリーターの場合、正社員としての雇用は狭き門となりますから、できるだけ早い段階でよい求人を見つけることが大事です。では、フリーターから正社員として転職するならどのようなルートや可能性があるのでしょうか。

可能性が高い方法から挙げると、まず「内部昇格」があります。ある職場で長い間アルバイトとして働き続けて実績と信頼を獲得し、最終的に正社員として雇用されるケースです。転職というよりも就職といった方がよいかもしれません。似たようなケースとして同じ業種でアルバイトとして実績を重ね続けた末に、正社員として転職するケースも挙げられるでしょう。どちらにしろ20代のうちから将来のビジョンをしっかり持ち、その業種で求められるスキルをアルバイト生活の中で身に着けていく必要があります。アパレル業界やIT業界によく見られるケースです。

それからフリーターの間に資格を取得したうえで正社員として転職するケースがあります。こちらは時間の余裕が持てるフリーターのメリットを活かした方法といえます。ただ、この方法には目指す取得によって状況が異なる面もあります。たとえば司法試験など難易度の高い資格の取得を目指す場合。この場合は正社員として働きながら勉強を続けていくのは困難なため、フリーターとして生活費を稼いでいるケースが多く見られます。こちらの場合は、資格さえ取得すれば転職の可能性が非常に高いのがポイントです。一方、フリーター生活の合間に資格取得を目指す場合には、正社員としての転職にできるだけ直結する資格の取得を目指すこと、またフリーターとしてのキャリアとうまく組み合わせられる資格を目指すことが求められます。それからもうひとつ、資格取得での正社員としての採用では慢性的な人手不足に陥っている介護業界関連の資格も有力な選択肢となるでしょう。

こうしたルートを踏まえたうえで、フリーターの採用を積極的に行っている企業の求人を探していくことになります。また、面接や職務経歴書の作成では、アルバイトの経験をうまくアピールポイントして組み入れることも大事です。こうしたポイントを踏まえて就職・転職活動を行っていくためにも、転職エージェントをうまく活用しましょう。キャリアアドバイザーがフリーター歓迎の求人を紹介してくれたり、面接対策、職務経歴書作成のサポートなどを行ってくれます。フリーターが1人で就職活動を行うとキャリアの不足からどうしても消極的になってしまうだけに、こうしたサポートが大きな意味を持つはずです。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.