外資系企業へ転職するなら

30代転職TOP >> 希望条件別の転職事情 >> 外資系企業へ転職するなら

外資系企業へ転職するなら

転職を目指す30代にとって、外資系企業は重要な選択肢であるとともに慎重な判断が求められるタイプの企業でもあります。成果主義の徹底、実力勝負といった外資系企業の代表的な体質は、これまで勤務してきた企業の規模やネームバリューが大きなマイナスにならずに転職の機会をもたらしてくれますが、一方でドライな体質から結果やノルマに関するプレッシャーを常に感じながら働いていく必要があります。30代での転職はその後のビジネスマンとしてのキャリアを決定付ける重要な選択となりますから、安易な判断で決めるわけにはいかないのです。

外資系企業へ転職するなら、その企業の基本情報を確認しておきましょう。まず見ておきたいのが平均の勤続年数です。国内企業に比べて極端に短いところも少なくありません。30代の転職では、10年未満のところは避けた方がよいかもしれません。せっかく意を決して転職したにも関わらず、数年のうちにまた転職しなければならないような状況に陥ってしまう恐れがあります。それから年収です。注意したいのは成果主義を徹底している企業が多いため、平均が必ずしも正確な給与水準を示したものとは限らない点です。極端な高収入を得ている従業員と、結果が出せずに低収入に甘んじている従業員が極端に分かれる傾向がある企業の場合、平均年収といいながらその水準の収入を得ている従業員はほとんどいない、というケースも起こりえます。ですから、年齢別の平均年収やもっとも多くもらっている従業員と少ない従業員の給与の幅など、詳しい情報を見ておきたいところです。

それから企業の体質も重要です。外資系企業はドライだとよく言われます。これは必ずしもマイナスではなく、しがらみがなく、無能な上司や部下に足を引っ張られることなく自分の能力を発揮できる面もあります。30代ともなれば、自分のビジネスマンとしての能力や性質なども客観的に把握できているはず。外資系企業の体質そのものが自分にあっているのかどうか見ておきましょう。

外資系企業に就職するなら知っておきたいポイントとしてもうひとつ、語学力が挙げられます。英語能力が必須ともいわれますが、絶対に英語力が必要というわけでは必ずしもありません。どこまで語学力が求められるのか、語学力によって昇進・昇給にどこまで影響するのかも確認しておきましょう。海外赴任の可能性も語学力と関わる重要なポイントです。こうした企業の情報は求人情報だけではなかなか入手できないため、転職エージェントの活用が重要となります。コンサルタントから企業の内部事情を教えてもらうなど、情報戦略を効果的に行っていくよう心がけましょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.