30代後半男性の転職なら

30代転職TOP >> 年齢・性別別の転職事情 >> 30代後半男性の転職なら

30代後半男性の転職なら

転職市場は35歳がひとつのボーダーラインになると言われています。35歳未満までの人材を積極的に採用していた企業も35歳を超えると消極的になってしまうケースが非常に多いのです。30代後半は転職時期のピークを過ぎ、やや厳しくなった時期といってもよいでしょう。それだけにこの時期に転職を目指す場合にはかなりの苦戦を覚悟しなければなりません。

最大のネックは評価と待遇のギャップでしょう。これまでビジネスマンとして順調にキャリアを積んできた人が30代後半で転職を目指す場合、新たな職場でそのキャリアに相応しい待遇を受けることができるか。転職する側としては当然賃金や昇進の可能性など、キャリアアップを求めるわけですが、採用する側とては今後の成長があまり期待できない人材を雇用することになりますから、どうしてもギャップが生じるのです。30代後半男性の場合はとくに家庭を持っているケースも多く、昇給や昇進にこだわる必要があるだけに重要なポイントです。単に「自分の可能性を試したい」「よりやりがいのある職場を目指したい」といった理想だけで転職ができる年齢ではもうないのです。

そのため、30代後半男性の転職なら原則として同じ業種内で求人探しを行っていくことになります。異業種に未経験で飛び込む年齢はもう過ぎているからです。今後のビジネスマンとしての成長力ではなく、あくまで現在に見つけているスキルで勝負することが鉄則。もちろん、意欲や積極性もアピールポイントとなりますが、それよりも現実的な仕事・職場への適応能力のほうが重視される点も注意しておきたいところ。やる気など漠然とした面ではなく、具体的に何を提供できるか、自分を採用することで企業側がどのようなメリットが得られるのか、冷静な視点でアピール材料を提供する準備を整えておきましょう。

そんな30代後半男性の転職なら転職エージェントの利用がお勧めです。実際、一般公開の求人サイトだけでは30代後半を対象としたよい求人情報を見つけるのは困難です。転職エージェントの非公開求人を積極的に活用していく必要があります。非公開求人なら技術職など特定のスキルを身につけたビジネスマンを対象とした求人や、管理職の求人も見つけられます。こうした求人はキャリアを重ねた30代後半〜40代前半を対象としたものも多いためチャンスです。

転職エージェントのコンサルタントと将来のビジョンについてもよく相談しながら転職先を決めていくこともできます。30代後半ともなると10年後、20年後の自分をイメージしながら仕事先を決めていく必要があるだけにこうした転職エージェントのサービスが役立つのです。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.