30代前半男性の転職なら

30代転職TOP >> 年齢・性別別の転職事情 >> 30代前半男性の転職なら

30代前半男性の転職なら

30代前半は男性にとって転職の絶好のチャンスであり、同時に最後のチャンスともいえるでしょう。年齢的にビジネスマンとして一人前となり、即戦力として活躍できる時期でもあり、さまざまな業種からこの年代の人材が求められています。一方、30代後半になってしまうと年齢がネックになって転職活動にさまざまな障害が出てきます。ビジネスマンとして飛躍を目指したい人、もっとも高いレベルで自分の可能性を試してみたい人にとっては逃してはならない転職の時期といってもよいでしょう。

ただ、30代前半男性の転職ならなんでもよいというわけではありません。それまでビジネスマンとしてどのようなキャリアを積んできたかによって大きな個人差が生じますし、そもそも何が目的で転職をするのか、前の職場を辞めるのかといった点でも違いが出てきます。そう、この年代になるとビジネスマンひとりひとりの環境やキャリアに大きな差が生じるようになります。ですから自分がおかれた環境に見合った転職を目指すことが大事なのです。

もっともチャンスに恵まれているのは同業種への転職。これまでのキャリアを活かし、即戦力として働けることをアピールできるため、多くの求人先を見つけることができるでしょう。この場合にはこれまでの実績と将来性の両方をうまくアピールできるかがポイントです。30代前半は過去の実績と将来の伸び代の両方を備えているのがポイント。新しい職場への対応性や求められる役割への柔軟性などもアピールしたいところです。

一方、異業種、つまりまったく新しい未経験の分野への転職を目指す場合は事情が大きく異なってきます。30代前半はこうした未経験の分野への転職が可能なギリギリの年齢です。ですから、次の転職先が最後に選ぶ業種、今後ずっと骨を埋める職場となる覚悟で転職活動を行っていく必要があります。自分の可能性を試したくて異業種にチャレンジしたみたけれども、いざ転職してみたら理想と現実のギャップを感じてやめたくなった、といったことは許されません。それだけに事前に入念な情報収集を行っておく必要があります。たとえばこれまで働いてきた業種での実績がスキルがどれだけ活かせるか、転職活動の際にどれだけアピールできるか。営業畑ならコミュニケーション能力、企画方面ならプレゼンテーション能力など、幅広い業種で求められるスキルをアピールできる環境が理想です。

どちらのケースにしろ、新天地であるとともに最後の理想の職場を見つけることが30代前半男性の転職の最大の目的。そのためにも転職エージェントを活用し、非公開求人など質の高い求人を探していくことが求められるでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 30代の転職特集【※お気に入りの職場が見つかる】 All Rights Reserved.